稽留流産を経験し、その後の妊娠で切迫流産→切迫早産になりながらも無事出産した主婦のリアル体験談

切迫早産を乗り越え無事出産した主婦の体験談

img_5897

切迫流産・切迫早産になった妊婦に体験談

第11話:切迫早産の入院中に聞こえてきた、それぞれの妊婦事情

投稿日:2016年12月2日 更新日:

さて、今回の入院中での治療方法は
前回の話に書いていた通りです。
・24時間の点滴(ウテメリン)
・診察&消毒
・毎日1回40分間ノンストレステスト(NST)
2日に1回超音波検査

診察室までは部屋から車椅子移動(同じフロア)。
別の階(売店は別の階・涙)は徒歩での移動禁止。

シャワーはOK(徒歩移動はダメなのに??)
という感じです。
(詳しくはこちらのページ→「第10話:今度は切迫早産!そして緊急入院」)

前回同様、治療の時意外は寝たきりで暇(涙)

しかし、今回は「妊娠30週になるまで!」とゴールも見えていたので
前向きに出産準備に取り組むことができました。

お腹も結構大きくなっていて、赤ちゃんの胎動も感じることができる時期だったのも
大きな要因です。

ただし、この時期苦痛だったのが同室の人たちのこと。
厳密に言うと、「入院している人とその家族間での会話」です。

直接会話したりということはないのですが、とある日のことです。
出産のため陣痛促進剤を使い出したお隣さん。一晩中お隣の方が苦しんでる声が聞こえる
んですよね・・・・「うーん、うーん」と控えめですが。

私的には「早く陣痛室に連れて行ってあげてー!」という心境です(笑)
結局お隣さんは翌日朝に陣痛室に連れて行かれて、無事出産されてました!
よかった~(赤ちゃんの声が聞こえたので)

そういう人もいれば、今度は斜め前のベッドの方。
突然の入院なのか、入院される人(母親)とそのお母さん(おばあちゃん)で
いきなり大声で喧嘩を始めたこともありましたね(がっくり)

どうやら、上の子供2人をそのおばあちゃんに預けるみたいですが、
その預かり方が雑みたいでして。

面倒を見るといいながら、おばあちゃんは友人とカラオケやら食事やらに行ってて、
その間はおじいちゃんやその母親の姉妹に面倒を見させてるみたいなんですよね。
結果、その人たちが目を話した隙に、男の子(おそらく2歳)が車道の近くまで
1人で行ってたことがあるらしいのです(内容筒抜け・苦笑)

で、母親が「あんたちゃんと面倒見てないじゃん!子供に何かあったらどうするの!?」
おばあちゃん「私はちゃんとやってる!!私にも予定があるからしかたないでしょ!」
とまあ、こんな具合です。
後は「入院っていつまで!?お金とか大丈夫なの!??」とか言われてたな・・・
(大きな声でする話ではないよね^^;)

内容はともかく、子供の目の前でもめるのはどうかと・・・(ぼそり)

おそらく長女(おそらく5歳ぐらい?)が親達が言い合ってる間
弟(おそらく2歳ぐらい?)の面倒を見てるんですよね。
カーテン越しなので姿は見えないけど。

私には声しか聞こえないけど、長女が可哀想すぎる。
おそらく5歳以上だと思うので親の話してる内容も理解できてしまうのに。

お姉ちゃんはお母さんが大変なのが分かるから、おばあちゃんに「家に帰ろう」って
声かけてるのがさらに悲しくて。

結局おばあちゃんと子供さんが帰った後、母親は泣きながら他の家族?に電話してました。
いや、何故看護師と話すときより電話の時のほうが声が大きいのか謎ですが(苦笑)

結局は一時的に日中は一時保育に預けることにしたみたいでしたが。
まあ、とりあえず丸く収まってよかった・・・・かな??
(私が心配することではないけど・苦笑)

上に子供がいると、そういう問題も出てくるんだなーと考えさせられる
出来事ではありましたけどね。

そういう家族もいれば、別のご家族さん。

妊婦さんの母親と姉妹?がお見舞いに来ていて
入院している妊婦さんに向かって実の母親が
「あんたはここでゆっくりできていいよね」
「私はこんなに大変なのに」
「寝たきり?元気じゃん。甘えだよ」
「私のほうが休みたいぐらいだよ」

と、罵ってることもありましたね・・・・

それは「お見舞い」なのか??
あ、「暴言をおみまいするぞ!」ってこと??(いやいや・・・)

なんか、聞いてるこちらまで怒りたくなるような内容で、
私だったら「もう二度と来るな!」と言いたくなりそうなことを言われていました。

ただでさえ、切迫流産?早産?まあ、体調悪くて入院している相手に向かって
言うことではないですよね。

なんか、いろいろな家族がいるんだなーと改めてよく分かりました。
病気に対して「家族の理解を得る」って意外と大変なことなんですね。

我が家はもちろんそんなことはなく、実の母親は決して近くない距離の病院に1日置きに
来てくれてたし、旦那も仕事が早く終わる時は病院に来てくれてました。
仕事場から病院は、家とは真逆の方向なのに。
でも過度に心配されてる・・・という感じはあまりなかったけど(苦笑)

なんか、こういう悪い例えと比べられても複雑かもしれないけど、
本当に自分は家族を含め周りの人に恵まれてるんだなーと
改めて実感できました。

すでにお子さんがいるお母さん妊婦が入院!ってなると、上の子供達をどうするか?
入院期間はどれくらいで入院費用は大丈夫なのかとか、いろいろと問題が出てきますよね。
(まあ、お母さん妊婦に限りませんが)

上にお子さんがいる場合は入院中だけでも認可保育園の「一時保育」を利用したり、
こちらで詳しく私の場合の入院費用を書いてますので、参考してみてください。
(おそらく治療的なものは変わらないはずなので)

【切迫流産・切迫早産にかかった期間と入院費用】
第6話:切迫流産でかかった入院費用と任意保険
第14話:切迫早産の入院費用。そして天の恵み!任意保険様様

 

>>第12話:切迫早産での入院中の(出産準備など)

おすすめのお話

1a824286457fbae7e12e5243a526de1b_s 1
第1話:初めての妊娠。そして妊婦健診で「繋留流産」が判明

妊娠が判明した当時。 私はどちらかというと「子供が大好きー」という人種でなく、 可愛いけど、子育てって大変そうというイメージぐらいしか 持ってませんでした。 妊娠を知った時は「嬉しい」というより、 「 ...

shutterstock_116677615 2
妊婦の緊急入院に必要な最小限の入院グッズ

突然の出血が起こった時、まずはかかりつけの産婦人科に連絡すると思います。 その時出血の量が多いと「一応入院の準備もしてきてください」と 言われる可能性が高いことをご存知ですか? でも、入院したことがな ...

-切迫流産・切迫早産になった妊婦に体験談
-, , , , ,

Copyright© 切迫早産を乗り越え無事出産した主婦の体験談 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.